2014年03月19日

最近増えている不妊の原因!女性の10人に1人は「子宮内膜症」

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)

子宮内膜症は、女性特有の疾患の中でも患者数が非常に多い病気と言われています。

それもそのはずで、子宮内膜症は、全女性のおよそ1割が患っているとも言われているのです。もうやだ〜(悲しい顔)

私も若い頃、子宮内膜症にかかり、かなり長く通院していた事がありましたし、私の周りにも子宮内膜症に悩まされた人が何人もいました。

子宮内膜症とは一体どのような病気なのかというと、通常子宮内にある子宮内膜が、子宮以外の場所にも増殖してしまうという病気です。

放っておくと、排卵を阻害したり、着床の妨げになる事があるため、不妊の原因の一つであると言われていますがく〜(落胆した顔)

子宮内膜症と不妊.jpg

ですから妊娠を希望している方は、ぜひ予防したい病気ですよね。

しかし厄介な事に、諸説言われてはいるものの、本当の原因がまだよくわかっていません。

発症する原因がわからなければ、予防するのは当然難しいですよね。バッド(下向き矢印)

一番よく言われている説は、月経の血が逆流してしまうという説ですが、その逆流するという理由がよくわかっていないので防ぎようもありません。

ですから、現時点で子宮内膜症は早期発見するしか方法がないと言えます。

もし患っているのであれば、極力不妊治療を始める前に発見しておきたいものです。

なぜなら、私の友人は、子供ががなかなか授からないことから、不妊治療を受けようと産婦人科に行った時に子宮内膜症が発覚しました。ふらふら

内膜症のままでも妊娠できるケースもあるものの、友人の場合、まずは子宮内膜症の治療を行い、不妊治療は後回しという形になってしまったので、待望の赤ちゃんを授かるまでにかなり時間がかかってしまっていました。

子宮内膜症は気付くのが遅くなり、放置すればするほどどんどん悪化していってしまいますexclamation

ひどくなってしまった場合は手術が必要になる事もありますので、早期発見するに越した事は無いでしょう。

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 不妊治療ブログ管理人ゆめこ at 18:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

不妊治療中の方へ高温期の冷え対策オススメの2つ

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)

冷えは不妊症にとって大敵!ということで、皆さんお腹周りや下半身を暖める工夫を色々されている事と思います。わーい(嬉しい顔)

特に多く見受けられるのは、下腹部に使い捨てカイロを当てておくという方法です。

カイロを下腹部に当てるととても温かいですし、下腹部がダイレクトに暖められるので、良い感じがしますよね。晴れ

しかし、高温期となると不妊治療中の方は特に、受精卵が着床するか否か、妊娠できるかどうかの大事な時期です。

そのため一番お腹を暖めたい時期でもあるのですが、カイロだとちょっと熱すぎて、受精卵に影響が無いか心配ですよね。バッド(下向き矢印)

私も不妊治療中、その点が心配で医師に相談したところ、やはり特に高温期は下腹部に直接カイロを当てるのはオススメできないと言われてしまいました。

ですから、不妊治療中の方は、高温期にはお腹にカイロを貼るのは止めて別の方法で体を温めるしかありません。もうやだ〜(悲しい顔)

そこで私が色々試してみた中で、特に気に入って継続的に行っていた方法を2つご紹介しますので、試しにやってみてください。

@ 足湯につかる

寝る前にたらいのようなものに熱めのお湯をはり、足をつけておくだけです。いい気分(温泉)

足湯.jpg

バケツや風呂桶でも良いと思います。

さめてきたら熱いお湯を足して15分ほど座って本を読んでいました。

半身浴も良いかと思ったのですが、お風呂から上がって、髪を乾かしたり何なりしているうちに、結局また冷えてしまったので、私は寝る前の足湯にしました。

足湯が終わったらすぐに布団に入ってしまうのがオススメです。手(チョキ)

A レッグウォーマーにカイロを貼る

家に居る時は、レッグウォーマーをつけて、そこにカイロを貼っていました。

お腹に直接ではないので、下腹部が高温になりすぎる心配はありませんグッド(上向き矢印)

足首なので、お腹からは遠いのですが、意外と全身が温まる感じがしました。

どちらも難しいことでもありませんし、お金もかかりませんので、気軽に出来ると思います。

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 不妊治療ブログ管理人ゆめこ at 21:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暇な時に自分で押せる不妊対策の3つのツボ

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)

人の体にはとても沢山のツボがあり、その中には、不妊に効くと言われているツボもあります手(チョキ)

ツボを押したからと言って、すぐに妊娠できるわけではありませんが、より妊娠しやい体を作るために、取り入れてみるのも良いと思います。

しかし、不妊対策も、いろいろな事を全て真剣にやりすぎると、「こんなに頑張っているのにどうして妊娠できないの?」と余計にストレスが溜まってしまいますよね。ふらふら

ですから今回は、自分で手軽にテレビを見ながらでも押せるような、押しやすい位置にあるツボをいくつか挙げてみます。

■ 三陰交

足の内側のくるぶしから指4本分上の場所にあるツボ。

三陰交.jpg

冷え性のツボとして有名ですが、私は安産のツボだと聞いていました。

しかし、それだけではなく、ホルモンバランスを整えるツボとも言われているそうです。グッド(上向き矢印)

生理痛のひどい方にも効果があるそうです。

■ 曲骨

おへそから指5本分下に下がったところにあるツボ。

曲骨.jpg

子宮内の血行を良くしたり、子宮内膜を厚くする作用があるそうです。

黄体機能不全の方に効果がありそうですね。わーい(嬉しい顔)

■ 横骨

卵巣点とも呼ばれるツボ。

曲骨の左右に1つずつあり、曲骨から指1本分くらい外側に行った所にあります。

横骨.jpg

卵巣の働きを活発にするため、排卵障害のある方などに効果があるそうです。

背中の方にあるツボは自分では押しにくいですが、この3つなら自分で暇つぶしに押す事が出来る位置にあるので、試しにやってみてください。グッド(上向き矢印)

1点、三陰交については、陣痛を促進する作用があると言われていますので、妊娠したら、お産が始まるまでは押さないようにしてください

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 不妊治療ブログ管理人ゆめこ at 19:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。