2014年03月21日

子宮内膜症と診断された場合の2つの治療方法

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)

子宮内膜症の治療は、大きく分けて2つあります。手(チョキ)

一つは薬物療法で、一つは手術です。

その方の内膜症の程度などにより、医師と相談していずれの治療法を取るか選択することになるでしょう。

子宮内膜症.jpg

■ 薬物療法

子宮内膜症の薬物治療で主流なのは低用量ピルです

元々は、避妊のためのお薬として知られていますよね。

このお薬を飲むと妊娠した時と近い状態になるため、排卵が止まり、それによって子宮内膜の増殖をストップさせるという効果があります。グッド(上向き矢印)

低用量ピルの他にはジェノゲストやダナゾールと言ったホルモン剤が使われる場合もあります。

薬物療法は、悪い言い方をすればその場しのぎになる可能性もあるため、再発には注意しなくてはなりません。exclamation

■ 手術

以後出産の希望がある方の場合は、腹腔鏡手術で、増殖した内膜だけを除去し、癒着があれば剥離する方法を勧められることになるでしょう。

すぐに妊娠したいという方も、薬物療法では時間がかかるので、この方法を進められるケースがあります。わーい(嬉しい顔)

また、傷も小さくてすみ、入院期間も短く済むので、手術をするなら腹腔鏡手術が現在は主流のようです。

しかし、薬物療法と同様、腹腔鏡手術も再発の恐れがあるため、出産の予定がなく、根治を希望している場合は、子宮や卵巣を摘出する開腹手術をするしかありませんバッド(下向き矢印)

子宮と卵巣を摘出してしまった場合、当然妊娠する事が出来なくなりますので、決断は慎重に行った方が良いと思います。

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 不妊治療ブログ管理人ゆめこ at 16:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

この3つの症状に当てはまる人は子宮内膜症かも!

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)

子宮内膜症は、なかなか自分で発見する事は難しいと言われています。

そのため、なかなか妊娠する事が出来ず、不妊治療のために訪れた病院で初めて子宮内膜症が発覚するというケースが多いわけですね。病院

なぜ発見が難しいのかというと、特有の症状はいくつかあるものの、いずれも子宮内膜症ではない方にも見られる症状のため、子宮内膜症か否かの判断が難しいからです。

子宮内膜症の症状.jpg

ですから、以下に挙げる子宮内膜症の症状のうち、いくつか当てはまる物があるという方は念のため、婦人科を受診することをオススメします。

@ 生理痛がひどい

これが一番有名な症状ですが、内膜症ではなくても生理が重い人は居るので判断は難しいでしょう。

1点、子宮内膜症の場合、月を重ねる毎に生理痛がひどくなっていくという特徴があるので、以前はそうでもなかったのに、だんだん生理痛がひどくなってきたという方は注意した方が良いかもしれません。exclamation

A 腰痛

生理の時に腰が痛くなるという方も居れば、生理以外の時に腰痛を感じる方も居て、痛み方は、激しい痛みというよりは、重い痛みを感じる方が多いようです。ふらふら

B 性交痛

性交時に痛みを感じる事があります。バッド(下向き矢印)

以上3つが代表的な子宮内膜症の症状なので、当てはまる項目がある方は、一度婦人科で検査した方が安心かもしれません。

また、子宮内膜症は、内膜が増殖する場所によって様々な症状が出る場合があります。

例えば直腸に内膜が増殖した場合は排便困難や排便時の痛み、膀胱付近に増殖した場合は血尿が出る事もあるようです。

そういった症状の場合、婦人科とは気付かず、内科に行ってしまう方も多いですよね。バッド(下向き矢印)

内科で特に問題が無いと言われたのに症状が改善されないという場合も、婦人科で改めて診てもらうと病気が発覚する事もあるので、一度検査してみてください。

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 不妊治療ブログ管理人ゆめこ at 20:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

最近増えている不妊の原因!女性の10人に1人は「子宮内膜症」

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)

子宮内膜症は、女性特有の疾患の中でも患者数が非常に多い病気と言われています。

それもそのはずで、子宮内膜症は、全女性のおよそ1割が患っているとも言われているのです。もうやだ〜(悲しい顔)

私も若い頃、子宮内膜症にかかり、かなり長く通院していた事がありましたし、私の周りにも子宮内膜症に悩まされた人が何人もいました。

子宮内膜症とは一体どのような病気なのかというと、通常子宮内にある子宮内膜が、子宮以外の場所にも増殖してしまうという病気です。

放っておくと、排卵を阻害したり、着床の妨げになる事があるため、不妊の原因の一つであると言われていますがく〜(落胆した顔)

子宮内膜症と不妊.jpg

ですから妊娠を希望している方は、ぜひ予防したい病気ですよね。

しかし厄介な事に、諸説言われてはいるものの、本当の原因がまだよくわかっていません。

発症する原因がわからなければ、予防するのは当然難しいですよね。バッド(下向き矢印)

一番よく言われている説は、月経の血が逆流してしまうという説ですが、その逆流するという理由がよくわかっていないので防ぎようもありません。

ですから、現時点で子宮内膜症は早期発見するしか方法がないと言えます。

もし患っているのであれば、極力不妊治療を始める前に発見しておきたいものです。

なぜなら、私の友人は、子供ががなかなか授からないことから、不妊治療を受けようと産婦人科に行った時に子宮内膜症が発覚しました。ふらふら

内膜症のままでも妊娠できるケースもあるものの、友人の場合、まずは子宮内膜症の治療を行い、不妊治療は後回しという形になってしまったので、待望の赤ちゃんを授かるまでにかなり時間がかかってしまっていました。

子宮内膜症は気付くのが遅くなり、放置すればするほどどんどん悪化していってしまいますexclamation

ひどくなってしまった場合は手術が必要になる事もありますので、早期発見するに越した事は無いでしょう。

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 不妊治療ブログ管理人ゆめこ at 18:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。