2014年06月17日

AIHの次のステップは体外授精

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)

タイミング法でもなかなか妊娠する事が出来なかった場合や、各種検査の結果タイミング法では妊娠は難しいと判断された場合は、人工授精で治療を行いますよね。ふらふら

人工授精にステップアップしたとしても、何度も続ければ必ず妊娠できるとは限りません

AIH回数.jpg

大体半年〜1年人工授精を続けても妊娠出来なかった場合、殆どの医師は次のステップを提案してくると思います病院

その次のステップというのが、体外授精です。

体外授精というと、非常にお金がかかりますし、治療内容も大掛かりになりますから、抵抗があるという方も今はまだ多いようですね。

確かにお金は人工授精と比べるとかなり高くなります。もうやだ〜(悲しい顔)

但し、体外授精以上の治療になると助成金を受け取る事が出来ますので、いくらか負担は軽減されるでしょう。

治療の内容は、女性の体から排卵した卵子を採取し、それを同じ容器の中で男性の精子と出会わせ、授精に成功した受精卵を女性の体内に戻すというものです

人工授精の際に排卵誘発を行っていた方は、排卵日まではほぼ同じ様なスケジュールになるでしょう。わーい(嬉しい顔)

体外授精を行う際も多くのケースで排卵誘発を行い、確実に卵子を育てて採卵を行います

中には自然周期法と言って、全く排卵誘発剤を使わず、自力での排卵に任せてそれを採卵するという方法もあります。グッド(上向き矢印)

排卵誘発剤の副作用が辛いなど自然周期のほうが合っていると思う場合は医師に相談してみましょう。

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 不妊治療ブログ管理人ゆめこ at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

高温期の黄体補充プロゲデポーとHCGの違い

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)

黄体機能不全で不妊治療をしている方は、排卵が済んだ後の高温期に何かしらの方法で黄体ホルモンの補充をしていると思います。バッド(下向き矢印)

お薬であればデュファストンやルトラールなどが有名で、排卵後から生理が来るまでの間飲み続けますよね

ルトラール.jpg

お薬以外の黄体ホルモン補充の方法としては注射があり、プロゲデポーHCGの2種類があります。手(チョキ)

何れも高温期に定期的に病院に通い、数回筋肉注射をするという同じ様なものなのですが、実は両者には大きな違いがあるのをご存知でしょうか。

まずはプロゲデポー、こちらは黄体ホルモン剤で、わかりやすく言うと黄体ホルモンそのものを補充するものです

一方のHCGは排卵誘発にも使用されるので、使ったことがあるという方が多いと思います。わーい(嬉しい顔)

こちらは黄体に働きかけ、黄体ホルモンを分泌させるための注射で、直接黄体ホルモンを補充するものではありません

つまり、直接黄体ホルモンを注入するのがプロゲデポーで、黄体ホルモンの出を良くするように働きかけるのがHCGという事になります。

何れも目的は黄体ホルモンを補充するためで同じなのですが、どのように作用するかに違いがあるのです。exclamation

どちらを使用するかは医師の判断によるものの、最近はHCGを使うパターンの方が多いかもしれません

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 不妊治療ブログ管理人ゆめこ at 14:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

排卵誘発剤クロミッドの4つの使用目的

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)

クロミッドは排卵誘発剤であるという事は、不妊治療中の方であればご存知の事だと思います。

クロミッド.jpg

排卵誘発剤なのですから、当然、排卵を誘発するもので、主に排卵障害のある方に処方されますよね。わーい(嬉しい顔)

しかし、実はクロミッドには排卵誘発以外にも効果があるため、排卵障害の無い方にも処方されるケースがあるのです

クロミッドが処方されるケースには以下のようなものがあります。

1) 複数の卵胞を育てたい場合

体外受精や顕微授精などで複数の卵子を採卵したい場合などに用いられる。病院

但し、クロミッドを服用しても卵胞が1つしか育たない場合も有り(私がそうでした。)

2) 黄体機能不全

但し、クロミッドを服用を続けると子宮内膜が薄くなるので注意が必要。exclamation

3) 卵子の質を上げる

卵子の生命力が弱いと受精しても育つ事が出来ないケースが多いため、クロミッドで元気な卵子を育てるという目的。手(グー)

(私はこの目的で処方されました。)

4) 排卵誘発

排卵障害の中でも、その原因が卵胞の育ちが悪い事に起因するものに効果有り

卵胞は十分育つのに排卵がなかなか起こらないというケースにはクロミッドではなく、HCGなどの注射が用いられる。もうやだ〜(悲しい顔)

このように、クロミッドには4つもの使用目的があります。

もし排卵障害が無いのにクロミッドを処方されても、特に不思議はありません。グッド(上向き矢印)

しかし、一体何の目的で処方されたのかは医師に確認した方が良いでしょう。

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 不妊治療ブログ管理人ゆめこ at 14:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする