AIHの次のステップは体外授精

2014年06月17日

AIHの次のステップは体外授精

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)

タイミング法でもなかなか妊娠する事が出来なかった場合や、各種検査の結果タイミング法では妊娠は難しいと判断された場合は、人工授精で治療を行いますよね。ふらふら

人工授精にステップアップしたとしても、何度も続ければ必ず妊娠できるとは限りません

AIH回数.jpg

大体半年〜1年人工授精を続けても妊娠出来なかった場合、殆どの医師は次のステップを提案してくると思います病院

その次のステップというのが、体外授精です。

体外授精というと、非常にお金がかかりますし、治療内容も大掛かりになりますから、抵抗があるという方も今はまだ多いようですね。

確かにお金は人工授精と比べるとかなり高くなります。もうやだ〜(悲しい顔)

但し、体外授精以上の治療になると助成金を受け取る事が出来ますので、いくらか負担は軽減されるでしょう。

治療の内容は、女性の体から排卵した卵子を採取し、それを同じ容器の中で男性の精子と出会わせ、授精に成功した受精卵を女性の体内に戻すというものです

人工授精の際に排卵誘発を行っていた方は、排卵日まではほぼ同じ様なスケジュールになるでしょう。わーい(嬉しい顔)

体外授精を行う際も多くのケースで排卵誘発を行い、確実に卵子を育てて採卵を行います

中には自然周期法と言って、全く排卵誘発剤を使わず、自力での排卵に任せてそれを採卵するという方法もあります。グッド(上向き矢印)

排卵誘発剤の副作用が辛いなど自然周期のほうが合っていると思う場合は医師に相談してみましょう。

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 不妊治療ブログ管理人ゆめこ at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。