高温期の黄体補充プロゲデポーとHCGの違い

2014年06月03日

高温期の黄体補充プロゲデポーとHCGの違い

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)

黄体機能不全で不妊治療をしている方は、排卵が済んだ後の高温期に何かしらの方法で黄体ホルモンの補充をしていると思います。バッド(下向き矢印)

お薬であればデュファストンやルトラールなどが有名で、排卵後から生理が来るまでの間飲み続けますよね

ルトラール.jpg

お薬以外の黄体ホルモン補充の方法としては注射があり、プロゲデポーHCGの2種類があります。手(チョキ)

何れも高温期に定期的に病院に通い、数回筋肉注射をするという同じ様なものなのですが、実は両者には大きな違いがあるのをご存知でしょうか。

まずはプロゲデポー、こちらは黄体ホルモン剤で、わかりやすく言うと黄体ホルモンそのものを補充するものです

一方のHCGは排卵誘発にも使用されるので、使ったことがあるという方が多いと思います。わーい(嬉しい顔)

こちらは黄体に働きかけ、黄体ホルモンを分泌させるための注射で、直接黄体ホルモンを補充するものではありません

つまり、直接黄体ホルモンを注入するのがプロゲデポーで、黄体ホルモンの出を良くするように働きかけるのがHCGという事になります。

何れも目的は黄体ホルモンを補充するためで同じなのですが、どのように作用するかに違いがあるのです。exclamation

どちらを使用するかは医師の判断によるものの、最近はHCGを使うパターンの方が多いかもしれません

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 不妊治療ブログ管理人ゆめこ at 14:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。