治療の中断は絶対ダメ!私の子宮内膜症治療体験談

2014年03月24日

治療の中断は絶対ダメ!私の子宮内膜症治療体験談

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)

私は高校3年生の時に、子宮内膜症を患っていることがわかりました。もうやだ〜(悲しい顔)

発覚したきっかけはひどい生理痛でした。

ひどい時は学校に行くのも困難なほどの痛みで、母に言われて婦人科に行ってみたのです。病院

子宮内膜症と診断された私は、しばらくの間2週間に1回のペースで婦人科に通い、お薬を処方され、毎回内診をされました。

毎回病院での診察は簡単な内診だけであっという間に終わり、かなり簡単なものだなという印象を受けました。

内診の時は、エコーで子宮内や卵巣などの状態を確認する事と、子宮内を必ず消毒(?)されただけです。

4ヶ月ほど経って、高校を卒業しても治療が終わる気配はありません。バッド(下向き矢印)

子宮内膜症の治療.jpg

しかし、その頃の私は若く、浅はかで知識不足だったため、治療に嫌気がさして来てしまいました。

「4ヶ月も治らないなんておかしい。病院に行ってもたいしたこともされずに薬を出すだけだし、意味あるの?」

と思ってしまったのです。ふらふら

そして大学生になり、アルバイトが忙しくなった事もあり、治療をサボりがちになっていきました。

しかし、当然治療を辞めればまた生理痛に襲われる事になります。

仕方が無いので2ヶ月ぶりに病院を訪れたところ、いつもやさしかったお医者さんにこっぴどく叱られてしまいました。むかっ(怒り)

そこで私は始めて、不妊の原因になると言う事や、放置すると将来癌になる可能性がある事など、子宮内膜症の本当の恐ろしさを知りました。

正直、生理痛以外に症状は特に無かったので、それほど恐ろしい病気だとは思っていなかったのです。

また、治療を途中で中断すると、子宮内膜症はまたすぐに悪化してしまいます

反省した私は以後、サボることなく治療を続けました。わーい(嬉しい顔)

しかし、それでもそこからさらに半年くらい治療をしてようやく治療が終わったという感じです。

そして治療が終了の時に、また医師から衝撃の事実を聞かされました。

それは「完治したとは言えない」という事です。

「こんなに長く治療したのに、治ってないの?!」と驚きましたが、子宮内膜症を根治するには子宮や卵巣を摘出しなくてはならないという事を聞きさらに驚きました。

そのため、再発が非常に多いので、定期的に婦人科でチェックしてもらう事を勧められました。病院

幸い、私はその後子宮内膜症で悩まされてはいません。

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 不妊治療ブログ管理人ゆめこ at 19:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。