最近増えている不妊の原因!女性の10人に1人は「子宮内膜症」

2014年03月19日

最近増えている不妊の原因!女性の10人に1人は「子宮内膜症」

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)

子宮内膜症は、女性特有の疾患の中でも患者数が非常に多い病気と言われています。

それもそのはずで、子宮内膜症は、全女性のおよそ1割が患っているとも言われているのです。もうやだ〜(悲しい顔)

私も若い頃、子宮内膜症にかかり、かなり長く通院していた事がありましたし、私の周りにも子宮内膜症に悩まされた人が何人もいました。

子宮内膜症とは一体どのような病気なのかというと、通常子宮内にある子宮内膜が、子宮以外の場所にも増殖してしまうという病気です。

放っておくと、排卵を阻害したり、着床の妨げになる事があるため、不妊の原因の一つであると言われていますがく〜(落胆した顔)

子宮内膜症と不妊.jpg

ですから妊娠を希望している方は、ぜひ予防したい病気ですよね。

しかし厄介な事に、諸説言われてはいるものの、本当の原因がまだよくわかっていません。

発症する原因がわからなければ、予防するのは当然難しいですよね。バッド(下向き矢印)

一番よく言われている説は、月経の血が逆流してしまうという説ですが、その逆流するという理由がよくわかっていないので防ぎようもありません。

ですから、現時点で子宮内膜症は早期発見するしか方法がないと言えます。

もし患っているのであれば、極力不妊治療を始める前に発見しておきたいものです。

なぜなら、私の友人は、子供ががなかなか授からないことから、不妊治療を受けようと産婦人科に行った時に子宮内膜症が発覚しました。ふらふら

内膜症のままでも妊娠できるケースもあるものの、友人の場合、まずは子宮内膜症の治療を行い、不妊治療は後回しという形になってしまったので、待望の赤ちゃんを授かるまでにかなり時間がかかってしまっていました。

子宮内膜症は気付くのが遅くなり、放置すればするほどどんどん悪化していってしまいますexclamation

ひどくなってしまった場合は手術が必要になる事もありますので、早期発見するに越した事は無いでしょう。

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 不妊治療ブログ管理人ゆめこ at 18:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。