人工受精の成功率が高いのは5回目まで

2014年03月11日

人工受精の成功率が高いのは5回目まで

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)

人工受精は、一見タイミング法よりも成功率が高そうに思われますが、実はそうでもありません。バッド(下向き矢印)

1回あたりの妊娠成功率は10%前後とかなり低いのです

また、タイミング法の場合、私のように2年続ければなんとか妊娠する事が出来たというケースは結構多いのに、人工受精の場合は回数を重ねる毎に妊娠する確率が下がってしまいます

人工受精で妊娠できる方の80%以上は5回目のチャレンジまでに妊娠し、それ以降は一気に妊娠する確率が下がるといわれています右斜め下

人工受精妊娠率.jpg

ですから殆どの場合、人工受精は半年程度チャレンジし、その後は体外受精などへのステップアップを検討する事になるでしょう。

病院で人工受精を長く続けさせない理由はもう一つあります。

たいていの場合人工受精の際は、低温期に排卵誘発剤であるクロミッドを服用します。

クロミッドは長期連用すると、子宮内膜が薄くなるなど逆に妊娠しにくくなるため、必然的に排卵誘発剤を併用した人工受精は長期間続ける事が出来ませんもうやだ〜(悲しい顔)

そのため、体外受精へのステップアップは難しい方の場合、一旦AIHからタイミング法に戻したり、治療を一時休止して、数ヶ月後に再度人工受精を再開させるという方も居るようです。

また、クロミッドの服用だけやめてAIHを続けるという人の話も聞いたことがありますので、そのあたりは医師とよく相談してください。

タイミング法からステップアップした方は特に、「ステップアップしたのだから当然妊娠する可能性は高くなるはず」と思いますよね。

しかし、このように残念ながら必ずしも妊娠する事が出来るとは言えないのです。がく〜(落胆した顔)

ただ、フーナーテストの結果が悪いなど明らかに人工受精の方が確率が高くなる方もいらっしゃいますので諦めないで欲しいと思います。

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 不妊治療ブログ管理人ゆめこ at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。