人工受精の時の痛みはどんな感じでどれくらい痛いのか

2014年03月08日

人工受精の時の痛みはどんな感じでどれくらい痛いのか

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)

病院などのホームページで見ると「人工受精は痛くない」と書かれていることが殆どです。

しかし、知恵袋などのQ&Aサイトやブログなどで実際に経験した方の書き込みを見ると「痛かった」という方が結構居ますよね。がく〜(落胆した顔)

私が不妊治療中に、一緒に待合室で待っている方と知り合い、その方が人工受精をされていたのですが、その方もやはり「痛い」とおっしゃっていました。

痛みの感じは、卵管造影検査の際に、最初に子宮に器具を入れられる時の感じだったそうです。

場所が場所なため、自分で治療されている様をよく見ることが出来ないので、何の痛みなのかはよくわかりませんが、お医者さんはよく「子宮をつまむ」と言いますよね。

おそらく、子宮内にカテーテルを入れる時に、それを固定するためなのか、入りやすくするためなのか、何か器具で子宮口をつまむらしく、その時に痛むようです。どんっ(衝撃)

AIH.jpg

卵管造影でも同じくカテーテルを挿入しますから、同じ処置をしているはずですので、たいていの方はAIHの前に卵管造影検査で同じ処置は経験済みということになります。わーい(嬉しい顔)

卵管造影で言うと、造影剤を流し込む前の最初の処置ですね。

ですからその時の痛みを思い返せば大体想像がつくのではないでしょうか。

但し、お医者さんが違えば痛みも違うようなので、その時痛くなかったからと言って、今回も必ず痛くないとは限りません。バッド(下向き矢印)

また、AIHを何度か繰り返した事のある方の話だと、同じ医師が処置してくれても、痛いときと痛くない時があったとおっしゃる方も多いです。

痛みの程度、感じ方は人それぞれで、中には泣くほど痛かったという方もいますし、何かもぞもぞするなと感じた程度という方もいらっしゃいます

私が色々な方の体験談を拝見したり、知り合いでAIHを経験した方から話を聞いた限りでは、痛みを感じたという人よりあまり感じなかったという方のほうが若干多い印象を受けました。

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 不妊治療ブログ管理人ゆめこ at 15:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。