男性不妊検査で一番気になる精子の採取方法は

2014年02月19日

男性不妊検査で一番気になる精子の採取方法は

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)

男性が不妊の検査を嫌がる最大の理由は精子の採取ではないでしょうか。

男性不妊の検査では、血液検査や触診なども行いますが、当然精子の検査も行いますから、精子を採取して提出しなくては検査が出来ません。

精液検査.jpg

精子の検査は、精子が放出されてからあまり時間が経つと出来なくなってしまいますので、たいていは病院で精子を採取する事になります。病院病院

この「病院で精子を採取する」という事が、男性にとっては悩みの種ですよね。もうやだ〜(悲しい顔)

私の主人も、不妊の検査は進んで受けることを決めてくれたものの、病院で精子を出すという事にかなり難色を示していました。

そこで主人は、ネットで不妊の検査を行ってくれる病院を検索し、その中から自宅で精子を採取して持参する事が可能な病院を探していました。

精子の採取は必ず病院でしなくてはいけないと思っている方が多いですよね。

しかし、条件をクリアできれば自宅で採取する事も可能なのです。グッド(上向き矢印)

条件は様々ですが、大体は精子を採取してから1時間から、長くて2時間以内に病院に持参できることを条件にしている病院が多いようです。

主人が検査を行った病院の場合は、精子採取後30分以内に病院に持ってくるようにと指示されていました。

どうしても病院で採取するのに抵抗がある方は、自宅で採取する事も出来ますが、このように制限時間があるので、自宅近くの病院を探す必要があります。soon

また、最近は病院でも、以前とは違い、精子を採取するための専用の個室を設けて、エッチなDVDなどを用意してくれているところもあります。

以前は、病院で精子の採取と言われると、カーテン一枚で隔てられたところでやらされ、とてもじゃないけど落ち着いて出来ないなんていう話が殆どでしたよね。

しかし、最近は十分に配慮してくれている病院が殆どのようなので、あまり心配する必要はないかもしれません。

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 不妊治療ブログ管理人ゆめこ at 21:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。