高プロラクチン血症が自然治癒した私のケース

2014年02月12日

高プロラクチン血症が自然治癒した私のケース

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)

高プロラクチン血症と診断された場合、通常お薬で治療を行う事になります。

しかし、時々自然に治ってしまう場合もあるようで、私がそのケースでした。手(チョキ)

私が高プロラクチン血症になった時は流産後で、掻爬手術を行った後です。もうやだ〜(悲しい顔)

そうは手術.jpg

術後、2回生理を見送ってから不妊治療再開という話になっており、その不妊治療をお休みしている周期の間に勝手に治ってしまったという感じです。

細かな経緯は下のような感じでした。

掻爬手術から1週間ほど経ち、出血なども収まった頃、入浴中に左のおっぱいから何か白いものがにじんでいるのを発見
     ↓
翌日病院を受診し、医師に相談すると流産手術後は高プロラクチン血症になりやすいという説明を受け、血液検査を受ける病院
     ↓
プロラクチンの数値が上がっている事が確認されたが、流産の時は一時的で、すぐに下がるケースが多いので様子を見ようということになり、そのまま帰宅。
     ↓
掻爬手術から2回生理を見送り、不妊治療再開の周期に再度血液検査をすると、正常な数値に戻っている事が確認されたため、投薬不要で終わった

これはあくまで私のケースで、医師の言うとおり、流産後に一時的にプロラクチンの数値が上がっただけだったようです。右斜め上

また、私のように流産後に高プロラクチン血症になったとしても、必ず自然治癒するとは限りません

不妊治療を行っている方は、流産の確率も比較的高いと言われています。がく〜(落胆した顔)

もし流産後におっぱいが出たなどの症状が出たら、自然治癒を期待せず、まずは医師に相談するようにしてください。

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 不妊治療ブログ管理人ゆめこ at 16:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。