HCG注射による6つの大きな副作用

2014年01月24日

HCG注射による6つの大きな副作用

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)

HCGの注射には、副作用があります。

私が経験した副作用は初回に投与された時の卵巣の腫れだけでした。ふらふら

小さな副作用も含めるとかなり沢山の副作用がありますが、特に気をつけるべき大きな副作用は下記の6つだと思います。

■ 卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

主に、HMGとHCGを複合的に使用した場合に発症率が高いようです。

卵巣が腫れるなどし、腹水がお腹に溜まってしまうため、下腹部痛が起こったり、お腹が張るような感じになるので、そのような症状が出たら注意してください。がく〜(落胆した顔)

■ 卵巣破裂

急激に猛烈な痛みが襲うそうです。

早く病院に行かないと危険なので、すぐに病院に行きましょう。病院

■ 卵巣茎捻転

卵巣がねじれてしまい、猛烈な痛みを伴います。

■ 脳梗塞

頭痛や言語障害、体の片側だけのしびれなどの症状が出たらすぐに救急車を呼んでください。exclamation

■ 血栓症

血管に血栓が出来てしまいます。

脳梗塞も血栓症の一種なので、脳梗塞に似たような手足の麻痺やしびれなどが起こります。

血栓症.jpg

■ ショック状態

急激に血圧が下がる事で、嘔吐や呼吸困難など、色々な症状が現れるので注意してください。バッド(下向き矢印)

上記の6つが特に重度の副作用で、頻度は少ないですが、稀に起こることなので、このような症状があればすぐに病院に行きましょう。

比較的軽度な副作用としては、頭痛やめまい、だるさ、患部が赤く腫れるといったものがあります

私のように卵巣が腫れるという方も時々いるようです。もうやだ〜(悲しい顔)

また、ネットなどを見ると太るという意見も多く見受けれれますよね。

それに関しては、不妊治療に用いられる色々な薬で太るという意見を聞くので、HCGの副作用なのか否かはよくわかりません。

しかし、HCGは妊娠したら出るホルモンなので、妊娠初期のように食欲旺盛になったりする可能性はあるかも知れません。

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 不妊治療ブログ管理人ゆめこ at 19:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。