フーナーテストでわかる主な3つの不妊の原因

2014年01月07日

フーナーテストでわかる主な3つの不妊の原因

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)

フーナーテストの結果は、採取された粘液の中に活動する精子がいくついるかで決まり、以下の4段階に分けられます。

優 15個以上
良 10〜14個
可 5〜9個
不良 4個以下


この結果が不良であった場合、色々な不妊の原因が考えられます。もうやだ〜(悲しい顔)

フーナーテストでわかること.jpg

■ 抗精子抗体

抗精子抗体とは、簡単に言うと、精子を殺してしまう抗体の事で、これがあると、当然不妊の原因になります。バッド(下向き矢印)

フーナーテストで抗精子抗体があるか否かまではわかりません。

しかし、不良の状態が続く場合は、抗精子抗体がある可能性が疑われ、これとは別に詳しく検査をすることになるでしょう。

■ 頸管粘液の量や質の不良

女性の頸管粘液が少なかったり、粘度が高かったりすると、精子がうまく泳いでいく事が出来ず、不妊の原因となります。もうやだ〜(悲しい顔)

■ 精子の異常

無精子や乏精子症、運動量が低いなど、精子の問題での男性不妊の可能性がわかります。がく〜(落胆した顔)

私の場合、フーナーテストは良か優の状態が殆どでしたが、何度か不良だった事もあります。

しかし、1度の検査で不良だからと言って、すぐに男性不妊や抗精子抗体の検査は勧められませんでした。

フーナーテストの結果が悪いとひどく落ち込む方が多いですが、一次的な問題の場合もありますので、続かなければそれほど気にする事は無いと思います。

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 不妊治療ブログ管理人ゆめこ at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。