不妊治療の初診で医師に伝えるべき事

2013年12月27日

不妊治療の初診で医師に伝えるべき事

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)

初診の時は、殆どの医師が色々な質問をしてくるので、基本的にはそれに答えていく形になります。

しかし、以下の事柄は、医師から質問が無かったとしても、伝えておいた方が良いです。

@ 排卵日検査薬を使用していた事

もし、妊活中に排卵日検査薬を使用していたのなら、それを伝えてください。わーい(嬉しい顔)

きちんと排卵日を把握した上で性交していたことがわかれば、タイミング法は長く続けてもあまり意味が無いという判断材料になる可能性があります

出来れば、基礎体温表に排卵日検査薬で陽性が出た日を記入して見せてください。ペン

排卵日検査薬陽性.jpg

それを見れば、排卵日が大体一定なのか、ばらばらで、排卵障害がある可能性があるか、わかるからです。

A どこまでの治療を望んでいるのか

体外受精や顕微授精までの治療を望むのか、そこまでは望んでいないのか、最初に意思を伝えておきましょう。

もし、高度医療まで希望しているのであれば、先にその旨を伝えておく事で、医師からある程度の説明などを聞いておくことができ、いきなり体外受精となるよりは心やお金などの面で準備がしやすいです。わーい(嬉しい顔)

また、高度な治療を望まない場合もその理由をお話する事で、医師が解決策を提案してくれる事もあるでしょう。

いざその時になってドタバタすることにならないように、あらかじめ担当医と意思疎通をしておく事は大切です。

B妊娠したら産むのは別の病院にしたい場合

治療が開始されたら、すぐに妊娠する可能性もあります。

分娩予約の締め切りが早い産院を希望している場合は、「何週までに分娩予約しなくてはならない」という事を伝えておきましょう

妊娠しても状態が安定しなければ難しいこともありますが、安定していれば、その週に間に合うよう、不妊外来は卒業するようにしてくれるはずです。グッド(上向き矢印)

私が本当に妊娠できた不妊治療はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 不妊治療ブログ管理人ゆめこ at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。